Pocket

ドライブインとはアウトサイドからディフェンスを引きつけ相手をかわしながらインサイドへ切り込むプレーで、ドライブからのシュートが決まればゲームの流れを大きく引き寄せる事が出来ます。

ドライブで相手を抜く事が出来ればヘルプのディフェンスがカバーに来る為、フリー(ノーマーク)の選手にパスを出すという選択肢が増えます。2回以上ドリブルをしなければいけない状況の場合はパスを選択すると得点に繋がる確率が上がりますので、この事を頭に入れながら練習をしていきましょう。

button-only@2x バスケのドライブインのコツ!成功の確率を高める7つの方法

~ディフェンスをかわすコツ~                                     

①フェイクを入れる

緩急を付け、上下左右のフェイントでディフェンスの注意をそらしましょう。

②ディフェンスの前足側から切り込む

反応の遅くなるディフェンスの前足側からドリブルすると確率が上がります。

③ドライブの一歩目を大きく踏み出す

足を大きく踏み出し、ディフェンスの後ろにボールを突き出しましょう。

④切り込んで行く時に肩を先に入れる

ボールよりも先に肩を出し、スチールされない様な体勢を取りましょう。

⑤スクリーンでディフェンスの体勢を崩す

スクリーンを使ってディフェンスの体勢を崩し、パスからのシュートに繋げていきましょう。

 

~ドライブインの確率を高める方法~

①ディフェンスにシュートを打つと思わせる

アウトサイドからのシュートを常に意識させ、ディフェンスを自分に近づかせるようにしましょう。

②左右のドリブル力をアップする

利き手側からばかりドリブルするとディフェンスにコースを読まれますので、左右どちらからでも攻めれるように利き手でない方のドリブルも日頃から練習していきましょう。

③ディフェンスを縦に揺さぶる

左右のフェイントだけではワンパターンになりがちですので、シュートフェイクで上下の変化をつけてディフェンスを抜き去るテクニックを身につけましょう。

④ボールを受けた瞬間にゴールを見る

ボールをもらった瞬間にシュート・パス・ドリブル全てが出来る構えを取り、シュートフェイク、ドリブルフェイクでディフェンスの体勢を崩しましょう。

⑤ディフェンスの重心移動の逆突く

左右のフェイントを使いディフェンスが重心移動を始めた瞬間に逆を突きましょう。動き始めた瞬間には逆には動く事が出来ない為、ドライブの成功率が高まります。

⑥デイフェンスとのズレを作る

ボールミートする事でボールを持った瞬間にゴールラインをずらし、そのズレを突いてドライブを仕掛けていきましょう。

⑦ドリブルを突く反対側の手の位置を意識する

ディフェンスに反対の手が引っ掛かって抜き難くなるのを防ぐ為にドリブルをついている反対の手は出来るだけ胸に近づけてディフェンスをすり抜けやすくしていきましょう。

 

~まとめ~

ドライブ上達のためには、まず下半身の力を抜く事が重要です。軸足に体重を乗せ身体全体の重心を低くする事で素早い動きが出来ます。またドリブルを強くつく事でスピードが上がりディフェンスを抜き去れます。

ディフェンスとのスピードに差が無い場合は、相手をよく見てスピードに緩急を付ける事もポイントになります。無理に切り込むだけではなく相手の裏をかくプレーも行っていきましょう。

心は熱く、頭は冷静になってコート全体を見回し、相手の状態をよく観察しましょう。ディフェンスの身体の中心線がどちらにどのように動いているかを冷静に見極め、駆け引きを楽しむくらいの余裕が必要です。そうする事でプレーの幅が広がりドライブの成功確率が上がっていきますのでよく考えながらプレーする癖を身に着けていきましょう。