Pocket

ドリブルが上手くなるためには、まずボールのハンドリングの練習をする事がポイントです。ボールを身体の一部にすることができれば、ぐんぐん上達していきます。とにかく、どんどんボールを触り、ボールに慣れて感覚を身体に染み込ませる事が大事です。そして、ボール回しをする事で、ドリブルしている時の感覚も同時に養いましょう。

 

~ハンドリングのポイント~

①指を大きく広げてボールを持ち、腰・頭・膝の周りをまずは、時計回りにまわしていきます。それが終わったら反時計回りにも挑戦しましょう。

②ボールを回す時は、手の平ではなく、指先でボールを回しましょう。また、その時にボールを見ないようにする事も大事です。

③初めは、自分の身体の近くを回し、徐々に身体の遠くを回すようにします。少しずつスーピードを上げながら練習していきましょう。

④股の間を八の字にボールを回します。最初は時計回り、次に反時計回りにもまわしていきます。後ろから前へのボール渡しがスムーズにできるようになると、ボールを身体の後面で扱う技術がアップします。

 

~ドリブルが上手くなるフォーム~                                  button-only@2x バスケのドリブルがうまくなる極意とは?ドリブル上達の5つのコツ! 

正しいフォームを身に付ける事は、ドリブルが上手くなるコツの一つです。

①身体の前ではなく、横側でボールをつく

②利き手とは逆の足を前に出す

③利き手とは逆の手で相手(ディフェンス)をブロックしていく

 

~ドリブルが上達する5つのコツ~

①早く強くつく

ドリブルが苦手な選手は、手首だけでボールをつきますが、肩から大きくボールを押し込むイメージで強くドリブルしましょう。指先を真っすぐにして、バウンドさせたい所でスナップを効かせるようにすると、早く強くドリブルできます。

②手とボールを密着させる

指先をしっかりと開き、手とボールが離れている時間を出来るだけ短くします。バウンドして戻ってきたボールが手の平に吸い付くような感じになり、キープ力を高めることができます。

③低くドリブルする

ドリブルをつく強さは変えずに、戻ってくるボールを抑え込むようなイメージでつきます。腰を低くドリブルする事でスピードを上げることにもつながります。

④片方の腕を使って相手をブロックする

身体を少し横に向け、相手から遠いところでドリブルします。空いている腕を前に出してディフェンスから取られにくい体勢を取りましょう。

⑤ボールを見ずにドリブルする

強く、速く、顔を上げてボールを見ずにドリブルする事で視野を広くする事が出来ます。

 

~ドリブル力をもっと高める練習のポイント~

①2個のボールを使ってドリブルする

2個のボールを使い、まずは左右同じタイミングでドリブルします。そして慣れてきたら左右交互につきましょう。

②リズムを変えてドリブルする

リズムを変えてドリブルすると、ディフェンスを揺さぶることができますので、ドライブに持ち込めます。

③ドリブルと足の動き(フットワーク)を連動させる

ドリブルとフットワークを連動させる事で、スムーズにパスやシュートの動作にすぐ移れます。

 

~まとめ~

まずは、その場で強くて速いドリブルが出来るように練習しましょう。それが出来るようになったら歩きながらのドリブル練習に移ります。そして最後は、全力で走りながらドリブルが出来るようにしていきましょう。その段階まで来るとコート全体を見渡して敵、味方の位置関係がすぐ把握出来る為、冷静な状況判断をする事が出来ます。常に試合での動きをイメージしてドリブルの練習をする事でレベルアップを図っていきましょう。