バスケのジャンプシュート上達のコツとは?ジャンプシュートの5つのポイント

Pocket

スポンサードリンク

 

ジャンプシュートは、真上に飛ぶことでディフェンスをかわして打つ事の出来るシュートで、様々な場面で使えます。バスケットボールの上達を目指すなら、基本となるジャンプシュートの練習は欠かせません。ジャンプシュートは、全身の力の向きをシュートの方向に向ける事が大事で、足首、膝、股関節、肘を1本のバネのようにするイメージを持つと、柔らかなフォームでシュートを打つ事が出来ます。まずは、基本となる構えから身に付けていきましょう。

 

~ジャンプシュートの基本的な構え~                                               

①足を肩幅くらいに開き、シュートを打つ手と同じ側の足を半歩前に出す

②膝を軽く内側に入れながら曲げる

③上半身はゴールに正対し、しっかり胸を起こす

シュートを真っ直ぐ飛ばす為に、正しいフォームをマスターしましょう。

 

~正しいボールの持ち方~

①ボールの縫い目に沿って親指と小指をおく。人差し指は縫い目と垂直になるようにする

②指先でボールを持ち、手の平はつけない

③片方の手はボールのバランスが崩れないために添えるだけ

ジャンプシュートの成功率を高める為に、無意識にこの持ち方が出来るように反復練習する事がポイントです。

 

~ジャンプシュートの打ち方~

①膝を曲げた状態で腰を落とし、背筋は伸ばして胸を起こす体勢を作る                       button-only@2x バスケのジャンプシュート上達のコツとは?ジャンプシュートの5つのポイント  

②膝から上に向かって力を伝えながら垂直にジャンプする

③ボールは高く上げて、弧を描くイメージでシュートを放つ

身体には余分な力を入れず、ジャンプの力をしっかりボールに伝えましょう。

 

~ジャンプシュートのコツ~

①手首をリングに向かって真っ直ぐになるように反り、スピンを掛ける

ボールにバックスピンを掛けると、ボールの軌道がブレにくくなります。また、ボールがリングに当たった時の衝撃を吸収する為、リングに嫌われにくくなります。

②シュート後は、しっかりフォロースルーを行う

シュート後もリングから目を離さず、フォロースルーする事により、シュートの成功率は上がっていきます。

③シュート中は呼吸を止める

シュート中に呼吸を止める事で、身体のブレを少なくしていきましょう。

④真上に飛んでシュートを放ち、シュートを打った場所に着地する

身体が前後左右に流れるのを防ぎ、正しいシュートフォームを固める事が出来ます。

⑤足先をリングに向ける

身体のねじれが無くなり、シュートを真っ直ぐ打つことが出来るようになります。

 

~スリーポイントシュートのポイント~

①走り込んだ横方向の力をボールに乗せる

横方向の力を一旦、膝を曲げて溜め込み、上方向への力へと変換しましょう。走り込みのスピードを利用すれば、高くジャンプ出来ますので、ブロックもされにくくなります。

②全身の力をしっかり腕に伝える

腕を45度の方向にして、手をすばやく返してボールに回転を掛け、リングの手前奥を狙う事で、飛距離が出て成功率アップにつながります。スリーポイントシュートは、一気に相手を突き放したり、点差を詰める事が出来る大きな武器です。ライバルとの差を付ける為にも、是非挑戦していきましょう。

 

~まとめ~

身体全体を連動させてスムーズに動かす事が、ジャンプシュートの成功率を高めるポイントとなります。リラックスして、8割位の力でシュートを打つ事を心掛けましょう。綺麗なシュートフォームを身に付ける事が、即、成功率アップへと繋がりますので、基本を疎かにせず地道に練習に取り組んでいきましょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です