Pocket

ゾーンディフェンスとは、相手チームに得点される可能性の高いゴール付近を重点的に守り、エリアを分担して守るディフェンスです。ペイントエリア周辺の守備を固める事で、ゴール下でのシュートを防ぎ、アウトサイドから確実性の低いシュートを打たせて、リバウンドを狙う戦術です。ハーフコートで使用されるケースが多いディフェンスです。失点をするのは、ボールのある所からの為、ボールのある所に全体的に寄っていく傾向があります。これをスライディングゾーンといいます。

ゾーンディフェンスは、エリアを守るディフェンスで、人に付くのではなく、任されたエリアを5人それぞれが守ります。各エリアに配置された5人全てのプレーヤーが、お互いフォローしながら組織で守る戦術です。チームで守る為、個人スキルが相手に対して劣っていても守る事が出来ます。一方、マンツーマンディフェンスは、人を守るディフェンスで、自分のマークマンを責任持って守ります。バスケットにおいて最も基本的なディフェンスです。それでは、まずゾーンディフェンスの特徴を見ていきましょう。

 

~ゾーンディフェンスのメリット~

①ゲームの流れを大きく変える事ができる

相手チームにゲームの流れが傾いている時に、ゾーンディフェンスに変更する事でリズムを変え、流れを引き寄せる事が出来ます。

②個人スキルで劣っている相手に対し有効である

マンツーマンではなくチームで組織的に守る為、個人スキルをカバー出来ます。

③背が高い選手を上手く活用できる

背の高い選手がゴール下を守る為、確率の高いゴール下でのシュートを防御しやすくなります。

 

~ゾーンディフェンスのデメリット~                                            button-only@2x バスケのゾーンディフェンスのポイント!フットワークが重要です!                  

①ゲームの流れが大きく変わってしまう事がある

ゾーンディフェンスに変えた事で相手チームに流れが傾く事があります。

②各個人の責任が希薄になる

エリアを全員で守る為、責任の所在があいまいになります。

③3ポイントシュートやアウトサイドシュートを打たれやすい

ペイントエリアを固める為、どうしても外からのシュートに対応出来ない場合があります。

次にゾーンディフェンスの種類を説明します。

 

~ゾーンディフェンスの種類~

①2-3ゾーンディフェンス

②2-1-2ゾーンディフェンス

2-3ゾーンディフェンスと2-1-2ゾーンディフェンスは、ほぼ同じ形態で、最もポピュラーなゾーンディフェンスの一つです。その為、相手チームが攻略方法をよく研究している場合があります。

③3-2ゾーンディフェンス

④1-2-2ゾーンディフェンス

3-2ゾーンディフェンスと1-2-2ゾーンディフェンスは、ほぼ同じ形態で、ゴール付近の守りが少し弱いものの、相手チームにインサイドに強い選手がいない場合には有効であると言われています。チーム状況によって主なゾーンディフェンスの中から一番効果の出やすい戦術を選択していきましょう。また、ゾーンディフェンスをチーム全員でしっかり守る為には、フットワークが大事になってきますのでポイントを確認してみましょう。

 

~フットワークの重要性~

バスケットボールは、ボール、選手の動きが速い競技の為、相手選手の動きを見てから動作に移ると、簡単に抜かれてしまいます。相手選手は、ターン、切り返し、ストップ&ゴーなど色々な動きを使って自軍ゴールに攻め込んできますので、激しい動きに対応する為、強靭な足腰や鍛え抜かれたフットワークがとても重要になってきます。フットワークは地道な練習が多いですが、一試合フルに動ける体力を付ければ、ディフェンスでチームに大きく貢献できますので、しっかり取り組みましょう。

 

~まとめ~

ゾーンディフェンスを徹底的に鍛え上げる事で、チーム力は、確実に上がっていきます。オフェンス(シュート)には好不調やスランプがつきものですが、ディフェンスにはそのような物が無い為です。マンツーマンディフェンスとうまく補完しながらゾーンディフェンスを使い、ディフェンス力アップを目指していきましょう。