話題の人物

【カシメロ】対【井上尚弥】カシメロの経歴や戦績は?強いの?テテとの対戦動画も

スポンサードリンク
ad65612d42fd2bfae85366298b4ce93b-300x200 【カシメロ】対【井上尚弥】カシメロの経歴や戦績は?強いの?テテとの対戦動画も

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンダム級王者の井上尚弥選手(26歳)が4月25日に米ラズベカスのマンドレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者の

ジョンリエル・カシメロ選手(30歳)と3団体統一戦を行うことが発表され大きな話題になっています。

 

井上尚弥選手と同じく3階級制覇王者のカシメロは選手、2019年11月末に世界戦最速の「11秒KO記録」を持つゾラニ・テテからWBO王座を奪い取っている強敵です。

 

カシメロ選手はどのくらい強いんのでしょうか?

 

今迄の経歴や戦績、テテ選手との試合についても詳しく調べてみました。

 

 

カシメロ:プロフィール

 

ad65612d42fd2bfae85366298b4ce93b-300x200 【カシメロ】対【井上尚弥】カシメロの経歴や戦績は?強いの?テテとの対戦動画も

◆名前:ジョンリエル・リビンテ・カシメロ

◆生年月日:1989年2月13日 30歳(2020年1月現在)

◆国籍:フィリピン

◆身長:163cm

◆階級:バンダム級

 

カシメロ:主な戦績

◆2007年6月:プロデビューし、4回判定勝ちを果たす

◆2008年10月:WBOアジアパ太平洋ライトフライ級王座決定戦でウィラボム(タイ)を倒し王座を獲得

◆2016年5月:IBF世界ライトフライ級タイトルマッチでルエンロン(タイ)にKO勝ちし、2階級制覇を達成

◆2019年4月:WBO世界バンダム級暫定王者決定戦でエスピノザ(メキシコ)と対戦して王座を獲得して3階級制覇を成し遂げる

◆2019年11月:世界戦最速の11秒KO記録を持つゾラニ・テテ(南アフリカ)からWBO王座を奪取

 

カシメロ対テテ対戦動画

 

 

カシメロは強いの?

カシメロ選手は33戦29勝4敗(20KO)

 

KO率はなんと、69%もあるのです。

 

カシメロ選手の戦力を分析すると・・・

 

①後ろ重心で左ガードを下げ、防御的な姿勢を取る

 

②軽いジャブで距離を測り、踏み込んで強打を振り回す

 

③硬く重いパンチを打つ

 

④大雑把なタイプで打ち合いが好き

 

フィリピン人によく見られる「振り回す」選手ですのでワンパンに十分注意する必要があります。

 

 

ボクシングがうまいタイプとは言えませんが、「振り回す」だけにやり難い相手かもしれませんね。

 

地元:フィリピンでの評判は?

カシメロ選手の地元:フィリピンでの評判はどうなんでしょうか?

 

なんと、フィリピン英字紙「ザ・マニラ・タイムズ」によると、最近の戦績では井上尚弥選手の圧勝と予想しているのです。

 

彼らの過去3戦から見ると、イノウエは圧倒的に素晴らしい印象を残している。

ファン・カルロス、パエノとエマヌエル・ロドリゲスをKOした。

そして昨年11月のドラマチックなファイトでドネア相手に判定勝ちした。

ツイッターの声

2人の対戦を待ち望む声が多く上がっていますね。

 

まとめ

井上尚弥選手は、2019年11月にノニド・ドネア選手(フィリピン)と対戦した後、米興業大手のトップランク社とプロモート契約を結びました。

 

今回の契約で「井上尚弥選手は日本ボクシング界で最も稼ぐボクサーになる」と言われています。

 

前回のドネア戦のようにモヤモヤした展開ではなく、しっかりKO勝ちしてくれることを心から願っています。