話題の人物

白石きらら(黄良々)はハーフ?学歴や戦績は?イケメンの兄についても

スポンサードリンク
80d3f1749a26522cc82ccab0fd3bf7d7 白石きらら(黄良々)はハーフ?学歴や戦績は?イケメンの兄についても

陸上の白石きらら(黄良々)選手が炎の体育会TVにマスクドランナーとして出演し、そのイケメン振りと脅威の走りから大きな話題になっています。

 

白石きらら(黄良々)という珍しい名前ですが、ハーフなんでしょうか?

 

これまでの学歴や戦績がとても気になりますね。

 

また、イケメンの兄についても詳しく調べてみました。

 

◆名前:白石黄良々(しらいし きらら)

◆生年月日:1996年5月31日 23歳(2020年1月現在)

◆出身地:鹿児島県

◆所属:セレスポ

◆身長:180cm

◆体重:74kg

◆趣味:ラップの動画鑑賞や即興ラップ

 

白石きらら(黄良々)選手は両親と兄の4人家族です。

 

目が大きく彫の深い顔立ちと「きらら」という珍しい名前からハーフかと思われましたが、鹿児島出身の生粋の日本人でした。

 

 

「きらら」という珍しい名前を付けたのは白石選手の母親です。

 

高倉健さんの主演映画「幸せの黄色いハンカチ」が大好きだった母親が、人に幸せを与えられる良い人になって欲しいという想いから
「黄良々(きらら)」と名付けました。

 

80d3f1749a26522cc82ccab0fd3bf7d7 白石きらら(黄良々)はハーフ?学歴や戦績は?イケメンの兄についても

白石選手も「黄良々(きらら)」という名前をとても気に入っているようです。

 

白石きらら(黄良々)選手の兄もイケメンだった!

白石きらら(黄良々)選手には3歳年上のイケメンのお兄さんがいました。

 

名前は白石青良(しらいし せいら)さん。

 

80d3f1749a26522cc82ccab0fd3bf7d7 白石きらら(黄良々)はハーフ?学歴や戦績は?イケメンの兄についても

 

写真の右側が青良さんですが、兄弟2人ともイケメンです。

 

男の子は母親に似るといいますから、きっと母親がきれいな方なんでしょうね。

 

白石兄弟は4年前に鹿児島から上京しましたが青良さんは柔道整体師として、きらら(黄良々)選手を大学時代からサポートしています。

 

 

現在も兄弟2人は同じ企業(セレスポ)に所属し、青良さんはトレーナーとして試合や遠征に同行して身体のケアだけでなく、走る姿の撮影までしているそうです。

 

 

きらら(黄良々)選手は信頼できる青良さんから充分なサポートを受けられるから、競技に専念できますね。

 

白石きらら(黄良々)選手の学歴や戦績は?

 

白石きらら(黄良々)選手の学歴

◆中学:鹿児島県出水市立米ノ津中学

◆高校:出水市立出水商業高校

◆大学:大東文化大学

 

小学1~4年生までは剣道、5年生から中学1年生まではサッカーと、陸上とは全く無縁の生活でした。

 

しかし、俊足を活かすため中学2年生から陸上に転向したのです。

 

また、大学4年生の時には陸上部の主将としてチームを一つにまとめています。

 

白石きらら(黄良々)選手の戦績

白石きらら(黄良々)選手は陸上短距離(100m・200m)の選手ですが、大学までは目立った成績を残せず、インカレでも決勝に進んだ経験がありませんでした。

 

しかし、2019年から100m「10秒07」の記録を持つ多田修平選手と一緒に練習するようになり、一気に才能が開化したのです。

 

●2019年4月 出雲陸上大会 100m 10秒21(追い風参考)

●2019年4月 織田記念国際 100m 10秒19 優勝

●2019年7月 世界ツアー大会 4×100mリレーでアンカーを務め2位入賞

●2019年10月 世界陸上ドーハ大会 4×100mリレー銅メダル(第2走者)

 

まとめ

大学時代までは無名だった白石きらら(黄良々)選手は「多田修平」というライバルの存在のお陰で急激に成長しています。

 

この勢いに乗っていけば、日本人4人目の100メートル9秒台も夢ではないのでしょうか?

 

今後の白石きらら(黄良々)選手の活躍から目が離せませんね。