話題の記事

飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!

スポンサードリンク

2019年4月、東京・池袋で11人が死傷した暴走事故で禁錮5年の実刑判決を受けた飯塚幸三被告が、控訴しない意向を固めたと報道され大きな話題になっています。

飯塚被告は、一貫して「車の誤作動が原因」と無罪を主張していましたので、必ず控訴して最後まで争うと考えられていたため、驚きの声が上がっています。

主張が一転した飯塚被告には、何か心境の変化があったのでしょうか?

あまりの心変わりに飯塚被告が控訴しない理由がとても気になりますが、ネットニュースには肝心の理由が書かれていないのです。

そこで今回は・・・

  • 飯塚被告【池袋暴走事故】が控訴しない意向を固めた!
  • 飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!
  • 飯塚被告【池袋暴走事故】控訴断念!世間の声は?

この3点について詳しくまとめてみました!

最後まで読んで貰えたら嬉しいです。

飯塚被告【池袋暴走事故】が控訴しない意向を固めた!

↑↑↑※ちなみに今回、私はこの記事を見ました!

東京・池袋で2019年4月、乗用車を暴走させて11人の死傷事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90歳)は2021年9月2日に東京地裁から禁錮5年の実刑判決を言い渡されていました。

飯塚被告は公判当初から「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶は全くない。車両に何らかの異常があったと考えられる」として一貫して無罪を主張していましたので、必ず控訴すると思われていましたが、一転して控訴しない意向を固めたと報道されています。

禁錮5年の実刑判決以降、飯塚被告の考えに何か変化があったのでしょうか?

期限までに検察側も控訴しなければ、このまま飯塚被告の実刑が確定する予定です。

 

今までの裁判で、どんなに客観的な証拠を突きつけられても車の誤作動を主張していただけに、にわかには信じられない急展開となりました。

ネットニュースでは飯塚被告が控訴を断念した理由が明確に書かれていないため、今回は色々な角度からその理由に迫ってみたいと思います。

飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!

2019年4月、東京・池袋で11人が死傷した暴走事故で東京地裁から禁錮5年の実刑判決を受けていた飯塚幸三被告が、東京高裁に控訴しない意向を固めたと報道されました。

飯塚被告は、今迄の裁判で一貫して「車の誤作動が原因」と無罪を主張していましたので、控訴して最終的には最高裁判所で争うとみられていたため、驚きの声が上がっています。

 

禁錮5年の実刑判決以降、飯塚被告に何か心境の変化があったのでしょうか?または周りから控訴しない様に説得されたのでしょうか?

あまりの心変わりに飯塚被告が控訴しない理由がとても気になりますね。

そこで今回は、飯塚被告が一転して控訴しない意向を固めた理由に迫りたいと思います!

その前に飯塚被告の簡単なプロフィールからおさらいしましょう。

■名前:飯塚 幸三(いいづか こうぞう)

■生年月日:1931年6月1日 90歳(2021年9月現在)

■出身大学:東京大学

■前職:通商産業省工業技術院 院長

飯塚被告は東京大学卒業後、通商産業省工業技術院に就職しました。

専門は計量学で2015年秋には瑞宝重光章を受章しています。

 

そんな飯塚被告は2019年4月、予約していたフレンチレストランの時間に遅れそうだったため、100キロ近いスピードで暴走し、11人の死傷事故を起こしました。

飯塚被告は、そのあまりにも身勝手な暴走理由にも関わらず、事故後に逮捕されなかったことから「上級国民」と呼ばれましたね。

裁判では、事故の目撃者から「飯塚被告車両のブレーキランプの点灯は無かった」ことや車メーカーの担当者から「車両には異常が無かった」という証言がされましたが、それでも飯塚被告は「車の誤作動が原因」という主張を変えませんでした。

だから何故、かたくなに無罪を主張していた飯塚被告が控訴を断念するのか全く分かりません。

そこで、飯塚被告が一転して罪を認め、東京高裁に控訴しない理由を3つ考察してみました。

■飯塚被告は家族に説得されて控訴をあきらめた説

飯塚被告には事故車両に同乗していた妻の他、息子と孫がいると言われています。

今回の暴走事故で「なぜ家族は高齢の飯塚被告に免許返納を勧めなかったのか?」など家族にも批判が集中し、ネット上では家族を特定してバッシングするような動きが多く見られました。

そんな家族がバッシングに耐えられず、飯塚被告に「控訴を諦めるよう」強く説得して、渋々応じた可能性が考えられます。

 

■飯塚被告は弁護士に説得されて控訴をあきらめた説

池袋暴走事故では検察側が、過失運転致死傷罪の法定刑で最も期間の長い禁錮7年を求刑し、禁錮5年の実刑判決が出ました。

検察側の禁錮7年の求刑に対し、その8割方の禁錮5年の実刑は、ほぼ妥当(満額回答に近い)であるという声が専門家からも多く上がっています。

控訴しても勝ち目が無いと判断した弁護士が、飯塚被告に「控訴を諦めるよう」説得し、仕方なく応じた可能性も考えられるのではないでしょうか?

 

■飯塚被告は90歳という高齢のため収監は無いという判断が働いた説

刑罰には刑務作業を行う「懲役」と刑務作業のない「禁錮」があり、90歳の飯塚被告には今回、禁錮刑が言い渡されました。

刑事訴訟法には例外規定があり、禁錮刑の受刑者に著しく健康を害する恐れや命に危険が生じる可能性があれば、検察官の判断で刑の執行を停止できるのです。

現在90歳の飯塚被告は、事故の影響もあり歩くこともままならない状態ですし、懲役ではなく禁錮の判決が出た事から収監されないと判断した可能性もあります。

これら3つの理由から飯塚被告が控訴しないことが考えられますが、本人の口から「本当の理由」を語ってもらいたいと強く思います。

 

飯塚被告【池袋暴走事故】控訴断念!世間の声は?

飯塚被告の控訴断念報道に驚いている声が多く上がっています。

飯塚被告が心から罪を認めて償う姿を見たいですね。

 

「収監されないという判断が働いた」と思っている投稿も増えているようです。

人として、そのような判断ではない事を祈りたいです。

みんなこのじいさんを責めてるけど、人ごとではない。70歳以上の老人はなるべく車を運転しないで電車バスタクシーを利用してほしい。車のどうしても必要な地方の人は高くても安全ブレーキや安全装置の付いた車を最…

ヤフーニュースのコメント

今回の事故を自分事として捉えるツイートも散見されます。

私も他人事とは思わず、自分事として考えていこうと思います。

いづれにせよ、今回の暴走事故で死傷された方、そのご家族が少しでも落ち着かれる日が早く訪れる様、願わずにはおれません。

飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!関連記事はこちら

今回は飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!を書いてみました。

飯塚被告【池袋暴走事故】控訴しない理由はなに?収監されない可能性を調査!に関連する記事はこちらです。

よろしければ見て下さいね!

【堀ちえみ】引越しの理由はなに?再開発事業による立ち退きの可能性に迫る!

山里亮太が10年待ったコロッケは【神戸ビーフコロッケ 極み】お店や注文方法を調査!

【GACKT】無期限活動休止で芸能人格付けチェックの代役は誰?出演者を大予想!

前田健太【マエケン】右肘手術からの復帰はいつ頃?トミー・ジョン手術の事例から時期を予想!

【西川史子】右脳内出血の原因はなに?コロナワクチン副反応の可能性に迫る!