話題の記事

【星野敬太郎】死因や病名はなに?パーキンソン病の可能性に迫る!

30014bcaff0a36216630ad2da6865b16 - 【星野敬太郎】死因や病名はなに?パーキンソン病の可能性に迫る!
      スポンサードリンク

      ボクシング元WBA世界ミニマム級王者の星野敬太郎さんが、10月9日に52歳という若さで亡くなったことが報道されました。

      星野敬太郎さんは、現役時代から病気のニュースや噂が無かったことからボクシングファンを中心に驚きの声が上がっています。

      ネットニュースには、肝心の病名や死因が書かれていないのでとても気になりますね。

      そこで今回は・・・

      • 星野敬太郎【元WBA世界ミニマム級王者】逝去報道
      • 【星野敬太郎】死因や病名は何だったの?
      • 【星野敬太郎】パーキンソン病の可能性に迫る!

      この3点について詳しくまとめてみようと思います。

      最後まで読んで貰えたら嬉しいです。

      星野敬太郎【元WBA世界ミニマム級王者】逝去報道

      ボクシング元WBA世界ミニマム級王者の星野敬太郎さんが、10月9日に死去されたことが報道され、ボクシングファンを中心に悲しみが広がっています。

      星野敬太郎さんは「スリッピングアウエィ」と呼ばれるディフェンステクニックに定評があり、その技術に魅了されるファンが多いボクサーでした。

      また、所属していた花形ジムの会長と国内初の「師弟世界王者」としても話題になりましたね。

      ちなみに私が見たニュースはこちらです!

       

      星野敬太郎さんは52歳という若さで亡くなりましたが、その死因や病名が公表されていない為、とても気になる方が多いようです。

      そこで、今回は星野敬太郎さんの死因や病名に迫ってみたいと思います。

      【星野敬太郎】死因や病名は何だったの?

      ボクシング元WBA世界ミニマム級王者の星野敬太郎さんが10月9日に死去したことが報道されました。

      52歳というあまりに若い逝去にボクシングファンの間に悲しみと動揺が広がっています。

      星野敬太郎さんはボクサーだけではなく、プライベートでも色々と話題になった方でしたね。

      2018年頃から沖縄に移住して闘病を続けていたようですが、肝心な病名や死因が発表されていませんのでとても気になりますね。

       

      そこで今回は、星野敬太郎さんの死因や病名に迫っていきたいと思います。

       

      ますは、その前に星野敬太郎さんの簡単なプロフィールからおさらいしましょう。

      ■名前:星野 敬太郎(ほしの けいたろう)

      ■生年月日:1969年8月14日 

      ■死没日:2021年10月9日 (52歳没)

      ■出身地:神奈川県横浜市

      ■階級:ミニマム級

      星野敬太郎さんはアマチュア時代に37戦30勝7敗の好成績を残し、1988年11月3日、花形ボクシングシムからプロデビューしました。

      その後は現役引退・復帰を繰り返し、1996年に日本ミニマム級王座、2000年にはWBA世界ミニマム級王者に輝いています。

       

      星野敬太郎さんは現役引退後、岐阜県各務原市でコパン星野敬太郎ジムを設立し、後進の指導に当たっていましたが、2018年頃から沖縄県に移り住み闘病生活を送っていたようです。

      現役時代は大きな病気も無く盲腸の報道があった位ですが、現役引退後に何かの病気を患っていたのでしょうか?

      星野敬太郎さんの病名や死因について全く情報が無いため、ボクサーなどのスポーツ選手に多い病気を調べてみたいと思います。

      【星野敬太郎】パーキンソン病の可能性に迫る!

      星野敬太郎さんの病名や死因が公表されていないので、ボクサーに多い病気を調べてみました。

      その結果、ボクサーなど頭部に繰り返し強い衝撃を受けるスポーツ選手は、「パンチドランカー」という脳の障害が出やすいことが分かりました。

      ■パンチドランカーとは?

      • 頭部への衝撃から生じる脳震盪などの障害が原因となり、認知症に似た症状を持つ神経変性疾患
      • 正式名称「慢性外傷性脳症」最初にボクサーで見出された事からパンチドランカーと呼ばれる
      • アメフト、アイスホッケー、プロレス、サッカーなど接触が多いスポーツ選手で多く見られる

      パンチドランカーはボクシングの場合、競技開始から平均15年後ぐらいに発症する選手が多く、ボクサーの約20%が患っているというデータもあります。

      星野敬太郎さんも中学生の頃から横浜共栄ジムの練習生としてボクシングをしていましたので、現役終盤頃にはパンチドランカーの症状が出ていた可能性も考えられます。

      また、パンチドランカーは進行すると「パーキンソン病」の発症につながるそうです。

      「パーキンソン病」は手の震え・動作や歩行の困難など、運動障害を示す進行性の神経変性疾患と言われます。

      ここで「パーキンソン病」になったスポーツ選手を調べてみると・・・

      ■「パーキンソン病」になったスポーツ選手

      ●モハメド・アリ(ボクサー)
      現役引退後、42歳でパーキンソン病を発症して闘病生活を送っていましたが、2016年に亡くなっています。

      ■マサ斉藤(プロレスラー)
      2000年にパーキンソン病を公表してリハビリを続けていましたが、2018年に亡くなりました。

      ■津田幸雄(サッカー選手)
      サッカー元日本代表のGK。1979年にパーキンソン病で死去しています。

      こうして見みると、頭部へのダメージが大きいスポーツ選手がパーキンソン病を疾患する可能性は高いようですね。

      これらの事から星野敬太郎さんの病名や死因が「パーキンソン病」だった説が言えるのではないでしょうか?

      星野敬太郎さんはプライベートでは元奥さんの不倫騒ぎに巻き込まれるなど波乱万丈な人生でしたが、ご冥福を心からお祈りいたいと思います。

      【星野敬太郎】死因や病名はなに?パーキンソン病の可能性に迫る!の関連記事です!

      今回は【星野敬太郎】死因や病名はなに?パーキンソン病の可能性に迫る!を書いてみました。

      【星野敬太郎】死因や病名はなに?パーキンソン病の可能性に迫る!に関連する記事はこちらです。

      よろしければ見て下さいね!

      林家木久扇【木久蔵ラーメン】商標裁判の原因は更新料未払い?木久ちゃんはケチだった?

      【堀ちえみ】引越しの理由(原因)なぜ?再開発事業による立ち退きの可能性に迫る!

      山里亮太が10年待ったコロッケは【神戸ビーフコロッケ 極み】お店や注文方法を調査!

      【GACKT】無期限活動休止で芸能人格付けチェックの代役は誰?出演者を大予想!

      【西川史子】右脳内出血の原因はなに?コロナワクチン副反応の可能性に迫る!